サプリもおすすめです

瓶からでている錠剤

入眠障害に困ったときは、メラトニンの分泌を促進させること。
これが主な原因解消につなげるヒントとなります。

いろんな方法でメラトニンを分泌させることができますが、手軽にメラトニンの分泌を増やしていく方法として「サプリメント」を使う方法もあります。
あなたもお金に余裕があるのなら、サプリメントを使ってうまくメラトニンを増やしてみてはどうでしょうか。

まずメラトニンのサプリメントは、主に就寝30分前くらいから飲むのが一番効果的です。
単純に寝付きをよくしていくだけだったら0.5ミリグラムから5ミリグラムくらいの量を飲めばいいでしょう。
もし時差ボケを解消するために使う場合は、それよりも少ない量で飲むようにしてください。
もちろん適量というのは人によって違うので、もしこれだけの量を摂取しても効果が得られない場合は、むやみに増やすのではなく使用するのを中止してください。

ではあえてメラトニンのサプリメントを使う方がいいというパターンは何か?
たとえばダイエット中で栄養に偏りがあるような人や、夜勤をしている人、あとは生活が不規則になってしまっている人にすごくおすすめです。
特にダイエットによっては偏食になってしまったりすると思います。
そうなると栄養も偏るので、メラトニン不足につながりやすくなりますから、ぜひとも飲み始めてほしいところです。

逆にサプリメントを飲まない方がいいという人もいます。
たとえば14歳以下の人は飲まない方がいいですし、アレルギー症や自己免疫症を持つ人も注意が必要です。
だから初めて使っていく場合は、基本的に医師と相談した上で使うのが安全だといえます。